« フィランソロピー(Philanthropy)はアクティブなCSR | Main | PRマインド豊かな欧米企業 »

April 22, 2005

編集テーマにのれ!

パブリシティの中でも、露出効果の非常に高いのは、特集テーマの中で
紹介される記事です。
季節ものビジネストレンドもの、社会現象ものーー。これだけでも、いろいろなテーマが
浮かんできますね。季節で言えば、最近の「花粉症」をテーマにしたものーー連日、大げさに言えば
「カラスの鳴かない日はあっても、花粉症の記事が出ていない日はなかった」ぐらいですね。
花粉症用の医薬品、マスクやメガネ、衣類など関連商品の売れ行きはメディアの露出によって
いっそう拍車がかけられたわけです。
もっとも、いくら流行のテーマであっても自社の製品、サービスに結びつかなければ意味はありませんが--。

例えば、ビジネスもの。
個人市場での携帯電話の浸透はほぼ飽和状態となってきました。メーカー、通信業者、販売会社が躍起となっているのが、法人市場です。法人でのモバイルソリューション

(次号に続く)

« フィランソロピー(Philanthropy)はアクティブなCSR | Main | PRマインド豊かな欧米企業 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32007/3809171

Listed below are links to weblogs that reference 編集テーマにのれ!:

« フィランソロピー(Philanthropy)はアクティブなCSR | Main | PRマインド豊かな欧米企業 »