« パブリシテイが火をつける! | Main | メディア・コントロール »

September 12, 2005

民主党の負け方

<号外>

今回の総選挙で、自民党が圧勝、民社は惨敗した。

民社の敗因は何か

小泉首相が「郵政民営化、官から民へ」、という

明確なスローガンを投げかけたときに既に勝負は決まっていた

かもしれない。しかし、民主のこれほどの惨敗の負け方はなぜか?

さまざまな要因はあるでしょうが、広報的な見地から言うと、

まさに戦術の誤り、の一言のような気がする。

民主党は郵政民営化という投げられ争点の範囲で、

反対する理由を明確に、説得できなかった。

真っ向から勝負しなかった。

年金、税金の問題という別のテーマを持ち出しても、

有権者には時間的にそのことを考える余裕はなかった。

「この国を変える」といいながら、変えることに反対している

んじゃないの?という印象さえを与えてしまった。

「郵政民営化には反対する!なぜならーー」、

と明確に主張したならば、これほどの惨敗は免れたかも。

« パブリシテイが火をつける! | Main | メディア・コントロール »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32007/5904893

Listed below are links to weblogs that reference 民主党の負け方:

« パブリシテイが火をつける! | Main | メディア・コントロール »