« 民主党の負け方 | Main | メディア・コントロールそのII »

September 13, 2005

メディア・コントロール

自民圧勝の要因として、さまざまな分析がされています。

そのうちの一つとしてメディア・コントロールがうまく出来ていた、

と言われています。

メディア・コントロールってなに?

広報に携わる人なら凄く気になることですよね~。

小泉首相がメディアコントロールで成功したのは、次の2点。

1.メディアを通じて、民社党との二者だけのディベートを受けなかったこと。

  民社がこれに成功すれば、いい線行っていたかもしれないがーー。

2.さらに、投票日前日だったと思うけれど、小泉首相が、最後のインタビューを利用して 

  解散した理由は、郵政を官から民へー。まずこの改革が出来ずに、何が変われるか?  

  と、強いメッセージを出したこと。

  これによって、これまで、自民党の郵政反対派や民社党の若手などが、ワイドショーな  
  どで盛んに主張してきた郵政民営化反対論、争点を広げすぎた主張は、オーバーに  
  言うと雲散霧消してしまったわけです。

« 民主党の負け方 | Main | メディア・コントロールそのII »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32007/5922996

Listed below are links to weblogs that reference メディア・コントロール:

« 民主党の負け方 | Main | メディア・コントロールそのII »