« メディア・コントロールそのII | Main | 記者クラブはムラ社会? »

September 21, 2005

記者クラブは日本の象徴?

広報の担当者が必ず出っくわす記者クラブというしろもの。

結構不可解な世界です。

「犬も歩けば記者クラブに当たる」といってもいいぐらい記者クラブは

沢山あるんです。東京だけで約80。凄い数ですね。

そのうち官公庁関係が3分の2を占めている。

内閣記者会にはじまって、衆議院、参議院、総理府、--と、

各省庁には必ず一記者クラブがあるほか、無駄だと思うが、

場合によっては専門紙を別扱いにして記者クラブを

設けている運輸省、科学技術庁、国土庁などもある。

記者クラブは発表する政府官公庁とメディア側が”スムーズ”

ニュースを一般に伝えるために考えられた仕組みであり、その意味で

機能しているのでしょう。

が、しかし、問題なのは一部の民間の記者クラブ

その仕組みは圧倒的に大企業と有力メディアに有利で、

中小企業、外資系企業、海外メディアには不利な仕組みになっているのだ

« メディア・コントロールそのII | Main | 記者クラブはムラ社会? »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32007/6049512

Listed below are links to weblogs that reference 記者クラブは日本の象徴?:

« メディア・コントロールそのII | Main | 記者クラブはムラ社会? »