« 日米野球ー広報の違い | Main | ホリエモン騒動 »

December 30, 2005

論理は世界をカバーしない

いよいよ2005年もあと一日で終わりとなります。皆様にとって今年は充実した年でしたか?自分で「がんぱった」といえる人は、結果はとにかく、素晴らしいことですね。

年末になって、瞠目すべき本に出会いました。藤原正彦著「国家の品格」(新潮新書)。

日本社会の荒廃ー今必要なのは武道精神。祖国愛。日本人がかつて持っていた「情緒と形」には、論理では及ばない不変的な価値がある。グローバリズムは歴史的な誤り。自由、平等、民主主義などは抑制を加えないと暴走する。

ショッキングな言葉が並んでいますね。これだけのことを並べ立てただけでは、舌足らずになったしまうので、是非この本を読んでみてください。

論理を展開するためには自ら出発点を定めることが必要。これを選ぶ能力は日本人が本来持っている自然に対する繊細で、豊かな感受性、情緒や形にかかっている、というくだりには端的に言って、マイッタ、と言う感じです。

このブログも来年からはリファインして出直す予定です。

皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

「a_happy_new_year.doc」をダウンロード

« 日米野球ー広報の違い | Main | ホリエモン騒動 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32007/7902790

Listed below are links to weblogs that reference 論理は世界をカバーしない:

« 日米野球ー広報の違い | Main | ホリエモン騒動 »