« PR代理店の選び方 | Main | 間違いやすい広報 10戒 »

May 29, 2006

エージェンシー・フィーについて

広報代理店のフィーは、リテイナー・ベースであれ、プロジェクト・ベースであれ、基本的にPR業務に費やした”時間”により設定されるのが普通です。この考え方は米国から持ち込まれたものです。

1.リテイーナー・フィー方式

比較的長期のPR契約を結ぶとき、マンスリー・フィーとして、1ヶ月単位の固定料金を例えば、70万円・月、というように設定します。仕事量の多寡に関わらず、毎月一定のフィーを支払うクライアント側としては、料金に見合った業績を上げてくれたかどうかについて、不満を持つ場合も出てきます。(ここは、クライアントと代理店の話し合い努力によって解決するしかありませんがーー)しかし、事前に、来月のPR業務にかかる料金を把握し、キャッシュフローをコントロールしやすい面もあります。

2.プロジェクト・フィー方式

プロジェクトの仕事量に基づき、そこにかかる時間のトータルとして、フィーを設定します。プロジェクトの立ち上がり時に3分の1、中間で3分の1、終了時に3分の1チャージする、とういやりかたです。この方式は、比較的短期のプロジェクトに向いています。ただ、予想外に業務内容が増え、作業時間が増えてしまう場合を想定して、天井を設定しておく必要があります。

3.成果によるフィー方式

パブリシティによって獲得した、記事や放送時間を広告料金の(例えば)3倍などにして、料金を設定します。これは、予想外にクリッピングが多かったりした場合、クライアントと代理店でトラブルを起こすことになります。また、本来のPRの性質を考えても、私は薦めません。

上記のフィーは言わば人件費です。もろもろの実費ー通信費、印刷費、交通費、などは別個の請求となります。

                       #

« PR代理店の選び方 | Main | 間違いやすい広報 10戒 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32007/10290625

Listed below are links to weblogs that reference エージェンシー・フィーについて:

« PR代理店の選び方 | Main | 間違いやすい広報 10戒 »