« 広報部員の資質 | Main | 事務 能力 »

May 08, 2006

見知らぬ人と話すのが好き

PRマン・ウーマンの資質 その2

電話で見知らぬ人と話すのが苦にならないスタッフを選んでください。といっても、電話交換士ではなく、PRスッタッフの資質のことです。

多忙な記者は、早く、的確にポイントを突いた話を聞きたい、と思っているもの。ぶっきら棒な調子で応答するのは珍しいことではありません。そんな応答にビビらない人が適任です。

例えば、送ったプレスリリースのフォローアップに掛けた電話では、要点を端的に述べ、質問に的確に答え、さらに、確認をする作業が必要です。ベックウィズ・コミュニケーションズ社のサンドラ・ベックウィズによると、2分程度で済ますべき、とのことです。また、このことはセールスマンには当てはまらない、とも言っています。何故なら、セールスマンは大体”ノー”と言う回答をするのは得意でないから、とのことです。(場合によってはそうとも限りませんがーー)

                       #

« 広報部員の資質 | Main | 事務 能力 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32007/9957601

Listed below are links to weblogs that reference 見知らぬ人と話すのが好き:

« 広報部員の資質 | Main | 事務 能力 »